花粉は春だけ舞っているものではありません

花粉ときいたらやっぱり花粉症ですよね。しかし花粉症は春だけではありません。実はほぼ1年中、花粉の種類は違いますが舞っているのです。まずは自分がどの花粉に対してアレルギー反応が出るのか調べてみましょう。

花粉の種類はどれくらいある?

花粉症に悩む人も多いですが、春先のスギだけがアレルゲンになるわけではありません。人によっては様々な花粉に反応してしまう事がありますので、酷い場合にはほぼ年間悩まされている事もあるのです。

症状を訴える人も多いのがやはりスギです。早ければ一月の暖かい頃から飛散を始めるので用心しなくてはいけません。その他にも春にはヒノキやシラカンバ、ハンノキにコナラやリンゴなど、多彩な植物がアレルゲンとなります。夏には主にイネ科の植物の花粉が飛び回ります。カモガヤという植物が特に多く、その他にはハルガヤやホソムギ、スズメノカタビラなど、耳慣れないような植物の名前もあります。秋も多彩な植物の花粉が飛びますが、ブタクサやヨモギを中心にしていろんな植物が猛威を振るいます。秋ごろになると段々涼しくなってきますので、人によっては風邪でも引いたのだろうかと勘違いする事もありますが、あまり長く鼻水やくしゃみが続くようであれば、アレルギーかもしれないと疑って病院に行ってみるのもいいでしょう。冬はやはり季節柄それほど花粉の飛散はないのですが、遅い秋の植物が未だにゆっくりと飛散をしていたりすることもありますし、春先の植物がそろそろ活動しようかというような状態です。

年間を通して花や木々が成長します。日本の四季の移り変わりは美しいものですが、その分いろいろな花粉が飛んでいると言っても過言ではありません。症状に気がつかない人もいない訳ではありませんので、花粉症らしい症状が出た時には病院に速やかに行ってみましょう。症状の改善が出来る事もありますし、今後の予防や対策などもしていけますので、美しい花を見ながら自分でも注意してみて下さい。

<おすすめの花粉症治療薬情報>
副作用の眠気が少ないザイザル
<おすすめの医薬品通販サイト>
薬 通販
<アレルギーでお悩みの方にはこちら>
アレグラ