花粉ときいたらやっぱり花粉症ですよね。しかし花粉症は春だけではありません。実はほぼ1年中、花粉の種類は違いますが舞っているのです。まずは自分がどの花粉に対してアレルギー反応が出るのか調べてみましょう。

パッチテストで花粉症の疑いが出たら寝具にも注意を

今や現代病ともいえる花粉症。現在では、日本人の約4人に1人は患者だといわれているほどです。
花粉症は季節性アレルギー性鼻炎ともいい、原因となる花粉が飛ぶ季節にだけ症状が出る疾患です。スギ・ヒノキのほか、ブタクサやイネ科の植物、シラカバなど約60種類の植物がアレルゲンとなるといわれています。
主な症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりのほか、目のかゆみや充血、のどや皮膚のかゆみ、熱っぽい感じが続くなどがあり、人によって出方はさまざまです。
1年中症状が出る場合はダニやハウスダスト、ペットの毛など別のアレルゲンが原因の可能性もあります。最近は、このような通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩まされる人や、複数の花粉に反応してしまう人も増えているとされ、1年中症状に苦しむ人は少なくないようです。
そのような人は、まずアレルゲンを特定することが大切です。どんな物質が症状を引き起こすかが分かれば、その物質を除去したり避けたりするなど何らかの対策をとることができるからです。
皮膚科やアレルギー科のある医院では、アレルギー検査を受けることが可能です。皮膚に貼って様子を見るパッチテストを思い浮かべますが、パッチテストは金属アレルギーが疑われる際によく用いられる方法です。現在はアレルゲンの特定には、パッチテストではなく血液検査を行うのが主流です。
検査の結果、花粉症の疑いが強かった場合は、症状の出る季節は花粉を体に付けない、家に持ち込まないことに注意します。意外と見落としがちなのが寝具です。夜寝る時に症状が強くなったり、朝起きたときに症状が出る人は気をつけましょう。よく晴れた日は寝具を陽に当てたくなりますが、花粉の季節はぐっと我慢です。また、寝具のカバーリング類を洗濯した時は、外に干してはいけません。この季節だけは部屋干しや乾燥機、時にはクリーニングなどで対処しましょう。