花粉ときいたらやっぱり花粉症ですよね。しかし花粉症は春だけではありません。実はほぼ1年中、花粉の種類は違いますが舞っているのです。まずは自分がどの花粉に対してアレルギー反応が出るのか調べてみましょう。

新大宮児童相談所に寄せられる花粉などのアレルギー相談

新大宮は奈良県に存在し、西大寺や奈良駅にも近く住宅街として非常に人気のあうエリアです。
新大宮には子育て世代のはあは親も非常に多く住んでいます。
しかし最近新大宮も大阪や東京など都市部と同様に、ご近所づきあいなどが非常に希薄化し、核家族化が促進しています。
そのため子育て世代の母親たちのコミュニティも存在せず、子育てに困ったり不安を抱えた場合に相談できる先輩がいないということも起こってきています。
そこで最近頻繁に利用されるようになっているのが児童相談所というところです。
児童相談所と言うと子供の一時預かりや、孤児の養育などといったイメージが強いものです。
しかし最近では子育てに迷った母親たちが、相談窓口として頻繁に利用している姿を見ることができます。
児童相談所に持ち込まれる相談は、子供が言うことを聞かない、ご飯を食べてくれない、子供が泣き止まないといった相談が大半を占める様になっています。
こうしたことを児童相談所に相談することは、世の中の人と人との関わりがいかに希薄になっているかを顕著に表しています。
また児童相談所には子供の花粉症やアレルギー疾患などに関する健康相談も頻繁に持ち込まれます。
花粉症はかつては小児などに余り見られない疾患でした。
しかし最近は親が過保護にしずぎるために、花粉症や小児喘息などといったアレルギー疾患が沢山見られるようになっています。
子供をまるで宝石を扱うように過保護に育て、無菌室に入れているかのように養護し、ケアしすぎる母親が多いことから、子供の免疫力や抵抗力に異常が見られるようになっています。
過剰に手洗いさせたり、体を過剰に洗うなどと言った母親の子育てがかえって子供をひ弱にさせています。