花粉ときいたらやっぱり花粉症ですよね。しかし花粉症は春だけではありません。実はほぼ1年中、花粉の種類は違いますが舞っているのです。まずは自分がどの花粉に対してアレルギー反応が出るのか調べてみましょう。

様々な花粉の舞う時期

花粉症と言えば春が定番ですが、春を過ぎても症状が治まらなかったりスギの木が近くにないのに発症してしまう人もいます。
それは春のスギ以外の花粉による花粉症が考えられます。
では、どのような花粉がいつ頃飛散するのかを見てみましょう。
日本は細長い国土の為に地域によって飛散時期が違います。

代表的なスギは2月から4月ですが、北海道や沖縄にはほとんど生息しないためスギ花粉症はありません。
また九州では1月から、東北では3月と時期もずれています。
このような地域差も考えないといけません。
仕事の出張や旅行などで日本を縦断する時は気を付ける必要がありそうです。
その次に代表的なヒノキは3月から5月です。
シラカンバ(カバノキ科)は4月上旬から6月初旬で関東以北です。
このシラカンバにより発症する人が多いのは北海道です。
ネズ(ヒノキ科)は4月から5月です。
オオバヤシャブシ(カバノキ科)は3月から4月で関東です。
コナラ、クリ(ブナ科)は日本全国に生息しており、北部では5月から6月、中部、南部では3月から5月です。
オリーブ(モクセイ科)は地域的には瀬戸内地方で5月から6月です。
ハンノキ(カバノキ科)は1月から4月です。
ケヤキ(ニレ科)は3月から6月です。
イチョウ科は日本全国にあり4月中旬から下旬です。
アカマツ(マツ科)4月から6月です。
リンゴは4月から5月で、東北です。
カモガヤ、オオアワガエリ(イネ科)5月から8月です。
ヨモギは8月から10月です。

これらを見ると、日本全国ではほぼ一年中どこかで何らかの花粉が舞っていることになります。
自分はいつ花粉症の症状が出るのかを把握しておき、花粉の種類や開花時期を知れば予防の助けになることでしょう。