花粉ときいたらやっぱり花粉症ですよね。しかし花粉症は春だけではありません。実はほぼ1年中、花粉の種類は違いますが舞っているのです。まずは自分がどの花粉に対してアレルギー反応が出るのか調べてみましょう。

花粉によって起こる症状の種類

花粉によっておこる1型アレルギー症状のことを花粉症といいます。植物の花粉が目や鼻などの粘膜を刺激してさまざまな症状を引き起こしてしまいます。日本では主に抗原としてスギのものが多くなります。
一般的な一次症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどが4大症状ともいわれる症状になります。
一次症状が酷くなることで二次症状が現れてしまい、鼻づまりによって臭いが分からなくなったり、口呼吸になることで喉に障害が起きてしまう、鼻水が喉に流れ込むことによって喉がイガイガしたり、咳や痰などが出る、頻度は低いけれど喘息に似た症状が出たり、喘息患者はその発作が起きてしまう、目に異物感や涙が出たり、不適切にコンタクトレンズを使っていた場合には結膜炎などの症状が出る場合がある、耳の奥にかゆみが出る、副鼻腔炎などを合併してしてしまったり、鼻水が気管に入ると気管支炎の原因となってしまう、頭痛や微熱、だるさなどの全身症状が現れしまうこともあり、口や鼻水から花粉が体に入ってしまうと下痢や吐き気、腹痛などの消化器官症状が出てしまう可能性もあり、皮膚が弱い人は炎症などを起こしてしまうこともあります。
また、酷い場合にはアナフィラキシーショックを起こしてしまう危険性などもあるのです。
このようなさまざまな症状があることによって、睡眠不足になり、集中力が欠如したり、イライラ感や食欲不振なども生じてきてしまうのです。
予防するためには、こまめに掃除をする、窓やドアをなるべく開けずに空気清浄機を活用する、出かけた場合にはメガネやマスクなどで花粉を体に入れない、帰宅した時は家に入る前に花粉を払い落とすなどの対策をとることが重要です。