花粉ときいたらやっぱり花粉症ですよね。しかし花粉症は春だけではありません。実はほぼ1年中、花粉の種類は違いますが舞っているのです。まずは自分がどの花粉に対してアレルギー反応が出るのか調べてみましょう。

花粉の人はフルーツゼリーやほうれんそうは注意

アレルギーは人それぞれ違っていますが、花粉症に悩まされる人も増えていますね。花粉症には種類がありますが、人によっては、花粉症の人が食べることによって発症したり、アレルギーがひどくなる食べ物がありますので注意が必要です。花粉症のように起こる口のなかのアレルギーなのですが、口腔アレルギーと言われています。口腔アレルギーの原因になる物質、つまりアレルゲンが花粉や果物、野菜に含まれているものに似ているという理由で発症してしまいます。

人によってはこのような経験をしたことはないでしょうか。甘い果物を一度にたくさん食べたことで腸内細菌が乱れたことによって口の中が荒れてしまった経験。これは、口腔アレルギーを起こしている状態になります。腸内細菌が乱れていれば乱れているほどに、果物、野菜に対しても敏感に反応を起こすことがあります。野菜が苦手な人や、料理をするのが苦手や面倒だと持っている人が、野菜を食べないのは健康に悪いと思って、果物を大量に食べてなんとかビタミンを補おうとしているケースで、突然口のなかにアレルギーが起きてしまうのと同じです。

果物を摂取するなら、少量を食べること、そして熱を加えればアレルギーは起きにくくなるので、調理をした上で食べることが重要です。例えばですが、野菜ではほうれんそうを食べた人が花粉症を持っていた場合に、アレルギーが起きる可能性があるとのことです。またフルーツゼリーのなかの果物の成分に反応して、アレルギーを起こすこともあるといいます。ほうれんそうとフルーツゼリーでアレルギーなんて関係ないと思う人もいるかも知れないのですが、発症しやすいのです。

花粉症を持っている人は自分のアレルギーはなにが原因なのか、それをよく理解した上で起こさないように、ほうれんそう、フルーツゼリーなど食べ物を選ぶ際はしっかりと選ぶことが重要です。